特定非営利活動法人 ネパールの子どもたちを援助する会 Nepalese Children Support Center, Japan नेपाली बालबालिकाहरुको लागि सहयोग केन्द्र ,जापान
特定非営利活動法人 ネパールの子どもたちを援助する会
Nepalese Children Support Center(NGO), Japan
नेपाली बालबालिकाहरुको लागि सहयोग केन्द्र ,जापान
नमस्ते
(ナマステ!)
Welcome to Our site !!
Nepalese Children
Support Center, Japan
NCSCサイトにようこそ!
HOME
NCSC,Japanとは
About us - 『ネパールの子供たちを援助する会』(NCSC, Japan)発足のきっかけ、経緯について

日本村プロジェクト始動!


実績
Our works - これまでにしてきた・これからも続けていきたい、具体的な活動内容です

最近のできごと


ご協力のお願い
Make a Donation! - ほんの少しの気持ちが、大きな力になります 銀行振込等で受付ています

ネパール国
About Nepal - 意外と知らないネパールの基本情報です

お問い合わせ
Contact - 少しでも気になることがあったら、お気軽にお問合わせ下さい:)

 Gallery
PICASAにリンク

Link
NCSC,Japanと縁あるリンク先も要チェック!





里親大募集中!!


里親になっている子供たち

私は足の不自由の子です。奨学金を頂いて非常に助かっています。これからも宜しくお願いします。

私は目が悪いです。奨学金貰わなかったら退学しないといけませんでした。将来私みたいな人の世話をしたいです。

私は体が不自由です。親は家族のために苦しんでいるので、私も学校を辞めなければならなかったときに皆さんのお蔭で勉強を続けられて嬉しいです

この子は精神的障害をうけているんですが日本人の方の暖かいお気持ちのお蔭で非常に助かっているようです。








































TOP PAGEに戻る
少しの愛を、ほんの少しの夢を―ネパールの子どもたちに―

私たち『ネパールの子供たちを援助する会』は、ネパールの子供たちの明るい将来のために2008年1 月からインフラ整備や子供たちへの物品の支援、奨学金などを通して、積極的に活動しています。
あなたのほんの少しの気持ちが、子供たちの明るい未来に繋がります。
楽しみながら、一緒にボランティアをしてみませんか?

Nepalese Children Support Center, Japan




2018年8月(最新)活動ご報告!!(Continuing to be...)

2018年8月19日、EVEREST INTERNATIONAL SCHOOL,JAPAN(エベレストインターナショナル学校)の新校舎の開校式が行われました。これからも同校を応援し、できる範囲の協力をしてまいります。開校式には駐日ネパール大使、杉並区長など様々な方々多数お祝いにご参加頂きました。新校舎での教育など様々な活動をより一層進むことを願っています。


第41回大和市民まつり、応援します。是非お越しください。お待ちしております。



..
明けましておめでとうございます。HAPPY NEW YEAR 2018. 昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 みなさんの多大なご協力のおかげで、ネパールやネパールの子供たちのために様々な活動ができ、深く感謝しております。 特に、今年からは当会もヒマラヤンオーガニックコーヒをより多くの方々に味あって頂き、売上の全額をネパールのために援助させて頂きます。 引き続き、当会プロジェクトの拡大に向けて邁進していきたいと思います。 本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。 今年もNCSCが一丸となってネパールのために頑張ります。 上記、写真は大和タウンニュースの記事(元旦号)や事務所案内(本部事務所、神崎Pリニューアルオープンしました。皆さんお待ちしています。)です。
※※※ヒマラヤンオーガニックコーヒの売り上げ分の10万円で,TK学校フワスの子供たちへ各種類の椅子をプレゼントすることを1月12日の理事会で決定致しました。 椅子はローゴ付きにし、今年の4月末まで現地に届く予定です。※※※
...
当会現地事務所の中高年メンバー二人がNCSCの招待で12月5日から12月19日まで日本旅行にきました。理事長も同行し、日本の観光地箱根や熱海など一泊二日の旅行で見物を行いました。日本のシステム、清潔さや自然の豊かさに驚きました。日本滞在中いろんなところに訪れ、日本ならではの沢山の冒険をし帰国しました。


2017年9月8日、ネパールスタディーツアー方々(慶應大学学生団体SAL)はネパール国総理大臣のSher Bahadur Deuwa 氏とお会いしました。日本の象徴富士山の絵を記念として総理大臣にお渡ししました。総理大臣より学生さんの話を興味深く聞いていただき、交流の暖かいお言葉を頂きました。

❤❤❤❤

❤❤❤❤
@
左写:過去を振り替えると2011年2月11日にこの便を使い皆でフワス村まで行きました!ネパールでは初めての経験でした!! 右写:2017日4月25日にみなとみらいで理事長やユリカも含め5人でヘリコプターを乗りみなとみらいの夕方の風景を楽しみました!!日本でも初めての経験でした

今年も2017年3月7日から14日まで、当会のサポートで第7ネパールSTUDYツアーを行いました!!!。参加者は当会副理事含む7名でした。 カトマンズ市内、パタン、バクタプル、ナガルコット、ポカラ、チタワンなど旅行し、日本人の方々がネパールの風景を実感して頂きました。 また当会毎年援助しつづけているところパスパティナット老人ホームとアジャッド小学校にも訪問しました。アジャッド小学校には子供たちと交流し文房具などは全員に配布しました。 今回はフワス郡にある日本村内のTK学校に訪問する予定でしたが大雨で山道行けなくなり中止しました。皆さんが持参して頂いた文房具はTK学校の子供たちに後から届ける手配し無事届いたと連絡あります。CONTINUE...お待ちください。
@
@
@
新年2017!!HAPPY NEW YEAR 2017...................
皆様へ、2016年中大変お世話になりました。2017年もネパールの子供たちのために是非宜しくお願いします。 2016年も皆様のご協力頂いて様々なプログラム実行することができました!本部の地元である大和市のタウンニュース元日号でTKヒマラヤンオーガニックコーヒーを紹介頂きました。是非エベレスト国の味をお試し下さい。宜しくお願いします。
ネパールではいよいよダサイ祭り!!HAPPY DASHAIN 。。。。< ダサイン祭りはネパール国の最大な祭りです。やく十日間お祝うものでHindu教の大きなイベントです。目的は悪に対する善の勝利を祝うということで、この祭りは、家族、親族や親戚の集まりを強調するために知られており皆楽しく過ごします。十日間伝統的なさまざまなイベントがありネパール全国ニギヤカになります。こんなお祭りに向けて、当会もダサイン祭り特別な支援をすることになりました。支援中心地のフワス郡にあるTK学校の壁にペンキ塗り新鮮な雰囲気をだし子供たちがもっともっと楽しく勉強できる環境作りに協力します。そして、子供たちの気分転換として校舎内に皆でお祭り特別の美味しい食べ物を食べてもらいます。 2009年に設立したTk学校ではトイレや水道などのインフラ設備も整えてあり、平和のシンボルとして仏陀像も建てられていて毎年さまざまなプログラムを行っています。子供たちが日本語を覚えてもらうために日本語スピーチ大会行い表彰者に金銀銅(現金)を提供しています。同じく毎年文房具など配布し子供の勉強に少しでも力になりたいと思っています。フワス郡の村人全員に役立つ救急車支援として当会からも25万円寄付し皆の協力で今現在救急車利用できる状態にあります。今年のダサインスペシャルとして当会理事長よりTK学校の子供たちに祝い金頂きました!子供たちが本当に喜ぶと思います。神崎さん、ありがとうございます。そして、当会の主な事業である奨学金制度やTK身体障害者施設維持費として半年分の支払いを済みました!!関係者の皆様感謝します。ありがとうございます。NCSC本部より。

ネパールではTK Himalayan Organic Coffeeがブランド化になり販売を開始致しました。お蔭様で、ネパールにあるヒマラヤン紅茶サービス会社とTK国際グループが連携しTkヒマラヤンオーガニックコーヒーの販売することになりました。利益の全額はネパールの子供たちの教育支援や身体障害者の独立事業に充当します。是非買って頂きご協力ください。購入数は十個からとなります。 価格は一個三千円とさせて頂きます。十個、二十個、三十個ご購入の場合はそれぞれ10%、20%、30%割引させて頂きます。是非試しにネパールのオーガニックコーヒー飲んでみてはいかがですか。

2016年8月20日から25日まで当会を通じて、東ネパールのウダヤプル県にある小学校に日本人ボランティア学生が現地に行き子供たちと交流しました!これからウダヤプルにも活動を広げて行く予定です。皆様ご協力よろしくお願いします。

平成28年5月30日、オークラフロンティアホテル海老名にて、三原じゅん子さんとお会いしました。

(A) (B)
(A+B)大和市民祭りを毎年応援しております。今年も5月14日と15日実施されたお祭りには当会もネパールグッズ販売致しました。より多くの方々に買って頂き本当にありがとうございました。そして、一年前にネパールで起こった大地震の際、日本の方々から沢山のご協力頂いたので恩返しとして私たちもわずかながら4月14に熊本県で起こった大地震で被害された方々を支援するために熊本地震義援金募集し、集まった義援金はJAPAN RED CROSSを通じて熊本に送ることにしました。

A B
A.今年の3月20日にフワス村で救急車を届き郡の健康機関に提供するプログラムを開催しました。当会理事長及び副理事長も現地に行われたプログラムに参加しました。B.例年と同じくカトマンズ市内にあるアザッド小学校の学生と先生や関係者の方々とゴダワリ公園に遠足しました。毎日の同じ生活の中気分転換として違う環境と楽しむのも成長の一つだと反省します。学生たちは非常に喜びながら食事していました。

当会理事長が今回ネパール訪問の際フワス村にあるTK学校にも訪れ子供たちと触れ合いながら、例年と同じく子供全員にに文房具などを配布しました。写真の背景に見えているのはTK学校の今の様子です。学生が喜んで勉強に取り込んでいる姿は何よりです。 今回もパスパティ寺院の近くにある老人ホームで生活送っている方々に食糧援助しました。今ホーム内に232人が世話を受けているようです。老人ホーム施設内や周辺の環境や設備などがあまり相応しくないのですがこれからも必要とする設備などに協力していきたいと思います。
..................................ネパール初許認可日本村!!START!! ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★2016年1月18日!!
ネパール大地震支援活動のご報告致します!!UNDER CONSTRUCTIOn !!暫くお待ちください

今年9月5日から9月17日まで、当会副理事長のヒムラルバッタライがネパール訪問し、日本人ボランティアの勝田さんを日本村フワスに連れて行きました。勝田さんは9月8日から≒二週間位フワス村 におられ、TK学校の子供たちに日本人の方々より頂いた文房具など配布しました。そして、TK学校とフワス大学の子供たちに日本語や日本の文化などを教えながら交流を深めました。日本人が現地行かれ 現地の人々と共にボランティアすることは非常に喜ばしいことであり、村人が喜んでくれました。これからも是非フワス村へどうぞようこそ。。



当会はネパールで2015年4月25日、マグニチュード(M)7.8の巨大地震が起きました。およそ8700人が死亡、1万7千人ものけが人が出ています。当会はネパール大地震後復興に向けたざまざまな活動を行い寄付金を集めました。皆様のご協力で集めた寄付金額は以下の通りとなります。
①ヒマールキッチン各店舗内に置いた募金箱で集まった寄付金:-¥110330
②典子加藤さんが主催したチャリティーパーティーで集まった寄付金:-¥90000
③慶應大学学生団体SALより作成されたチャリティーポストカード販売で集まった寄付金:-¥91600
④当会の口座に振り込まれてきた寄付金:-¥15000
⑤理事長の神崎さんより個人寄付金:-¥80000
これらの寄付金は2回にわたって副理事長のヒムラルバッタライと理事のジバンが現地に行き様々な活動を行い援助して日本に戻りました。ネパールで行われた活動は以下の通りとなります

to be continue..........

HAPPY NEW YEAR 2015!!!
皆様へ、明けましておめでとうございます。昨年はネパールのために大変お世話になり、誠にありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。当会の年間活動報告はやまとタウンニュースでご紹介致しますので是非ご覧いただけると嬉しいです




a=今年10月7日に、フワスのTK学校を訪問しました。ネパール最大のお祭りダサイの時、当学校にペンキ塗る作業が間に合わなかったがダサイの直後、全体的に色を塗りました。撮影時は作業中でしたのでペンキ塗っている様子が確認できます。今とても綺麗な状態で子供たちが嬉しく学校に通っています。 ところで、村人の協力で二階にさらに一部屋プラス建設をしていました。まだ完成ではなかったが完成後は図書室として使用する予定です。子供たちが完成になるのを楽しみにしています。当会は100%サポートするのではなく、村人の協力も交えながら援助するようにしています。そして、 救急車は来年の三月からスタートすることになりました!!その時はまた現地に行き報告をさせて頂きます
b=2014年11月16日、かながわ国際交流財団が主催した多文化共生(外国人コミュニティの取り込みについて意見・情報交換)プログラムに当会副理事のヒムラルバッタライが参加し、日本在住ネパール人が日本で活躍した活動や抱えた問題点などについて、沢山の国々から来日し日本で活動した方々とネパール人として交流をしたきた。当会はネパールだけではなくほかの国々の幸せなどについても関心がありできる範囲の協力をしていきたいです
c&d=2014年12月5日、当会が中心として活動を行われているフワス郡にこの度村人やINGOやネパール政府などの協力でフワス大学をオープンすることになり、現在寄付金の収集活動を行っている。当会や当会理事長の神崎孝行さんも以前RS250000(≒265000円)を寄付した。さらに、つい最近10日間、フワスで行われたHINDU教の最大な儀礼(ネパール語ではプジャ)を通じてRS.50000(6万円)また大学建設費用に寄付した。その寄付を届けに当会理事長のお父さんがカトマンズからフワスへ行き関係者の方に手渡してくれた。その風景は写真のCDとなる。感謝として頂いたお礼には赤い色付けや首輪などをつけてくれたようです。フワス村の発展のために当会は少しでも力になれればと思います。これからもできる範囲のサポートをしていきたい


①2014年8月29日、この度当会メンバーのジバンも初めて、経済再生担当大臣(TPP担当大臣)とお会いし、当会へ応援の言葉を頂きました!②スカラーシップ生徒よりご挨拶(日本人も皆様ナマステ!私は皆様のご協力を頂き、学校へ通うことができました!!皆様の温かいご支援は一生忘れられません。どうか、これからもネパールのために宜しくお願いします。私も元気よく勉強頑張ります)。③当会へご協力頂いた方に理事長より感謝状を贈りました





2014年8月13日に、当会のサマーツアーとして江の島の海に,ネパール人メンバーが行ってきました!!ネパールは海がない、しかも夏に海で泳いだりするのは最高でたのしかったようです。なかには日本で初めて、海の経験できたメンバーもいたので非常にインパクト的なツアーになりました!来年も、もっとたくさんのメンバーで同じような経験をしたいと思います。②当会理事長と在日ネパール人のジギャンタパ(ネ日語公式通訳者)さんが横浜でネ日の友好関係や当会を通じてネパールできることなど意見交えました。③当会の援助うけている子供たちの笑顔!!





★左=当会は大和市民祭りを応援しています。より多くの方々のご参加をお待ちしております。★Between=千葉県にあるアウトレットマーケット皆で行きました。同時にドイツ村も訪問しました。次回はほかのところに予定をしています。★右=2012年9月にネパールを訪れた慶應SALのメンバーのうち数人が今年五月30日にヒマールキッチンへご来店いただきました。皆さんとお久しぶりにお会いし将来もネパール皆で行きたいとのことをアピールしました


①2014年5月18日、フワス村にあるTK学校の子供たちや先生方皆で第一遠足プログラムを行いました。特に田舎では外食という習慣がないなか、皆で外で食べるということは非常に喜ばしいことだた皆に言われました。毎日学校の生活から一日でも外で過ごす活動は子供に対してとても効果的でした。こういう活動は毎年やっていきたいと思います。②遠足の時に子供たちが食べている様子です。お肉月の食事だったので皆美味しく食べていました!③2014年5月23日、首都にありながら、経済的に困っている家庭の子供たちが通うアジャッドという小学校の子供たちも今回で第6遠足プログラムに参加しました!そのときに神崎障害者施設のメンバーのなか3人参加してもらいました。カトマンズでも有名なトリブワン公園で開かれたプログラムでは子供たちが楽しく過ごしをし気分転換になったとコメントしていました。毎年NCSCが愛してくれたことには皆感謝しているとメッセージももらいました。<br> ★♪★TK SCHOOL PROJECT
!★★

☽☽♪♪2012年3月に完成されたTK学校の開校式の様子です。Tk学校はパルバット県のフワス村にあり、ネパール初日本村許認可されました。首都のカトマンズからバスで12時間のところにあります。日本語を勉強する子は25人います。学校の周りにトイレや水道の設備も当会が援助しすでに作られています。トイレのないときは子供たちのなか特に女の子は非常に苦労していましたが最近は便利になりました。のどが乾いてた時に水を飲みに村人の家までいかなければならなかったのに今は学校内で飲めるようになりました。現在本語を勉強している子供たちは将来、日本に留学し日本で学んだことを村で生かせるのは大きな目的としています。当会は毎年日本村でイベントを行う際にTK学校で日本語 コンテストを行い優秀者に金銀銅を与えるようにしています。これからもより多くの日本人の方々と協力し合い日本村を中心に活動をしてまいりたいと思います。♪♪☽☽
(A)日本側●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


★★当会本部事務所の所在地!理事会後の集まりです。大和市出身者また、他方々より暖かい♥❤ご助言を頂き大変感謝をしています。支援を募集する看板のある場所です!!


★★●♪☽当会の応援者として、いくどんさんいつもお世話になっております。これからもネパールのために宜しくお願いします。(いくどん町田店)★★●♪☽



①経済再生担当大臣(TPP担当大臣とお会いし、当会へ応援の言葉を頂きました
甘利明氏は大和市民(他3市)の代表の方です、私も根気をもって、ネパールをより一層、理解をして頂けるように頑張ります! by:理事長 kanzaki

上写真右側=★サントリーの代表取締役会長及び社長の佐治信忠氏とお会いしました。以前当会に二回ご協力頂きました。これからもネパールためにお願いします


★★★2013年7月8日に当会の親睦会メンバーと熱海初島ツアーをしました。日本の素晴らしいさをネパールに伝えてもらうのは大きな目的であります。年に二回以上同じような日本国内ツアーをしていきたいと思っています。初夏の素晴らしい天気に恵まれた5月12日と13日、「大和市民まつり」にブース出展しました。 この催しは、大和市、大和商工会議所、さがみ農協、大和市観光協会などの後援で、毎年行われ、ことしで35回目。 毎年、駅前プロムナードと引地台公園を使い、数百店舗が参加します。まぶしい初夏の日差しを浴びて、 たくさんのブースが並び、ステージも大和駅の両側に用意され、さまざまな団体が出演しました2013年11月18日に富士サファリパーク行ってきました。★★★!!



★☽♪★第二出版のAre You Happy?"漫画本要約出版しました!ネパールの子供たちのために頑張りますので是非ご愛読宜しくお願いします。そして、来年以内にネパールで日本の歴史、 文化、文明などを含むネパール語の漫画本を出版する予定です。第一出版の本でした!!★♪♪★

活動報告2014!!


★★★★★★活動報告大和タウンニュース誌出典★★★★★★


前首相のプラチャンダ氏とお会いし、当会へ応援のお言葉を頂きながら,日本国の伝統物も渡してきました!!②2011年にはネパール国大統領のヤダブ氏とお会いし、日本の象徴をお渡ししました!!<★★★★★★★★★★♪♪♪☽☽☽☽

(B)ネパール側★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

NCSC\SALネパールツアー三回行いました!!!!




当会と慶應大学学生団体SALと共にフワス村を中心に今まで三回ネパールツアーを行いました
第一ネパールツアー:2012年9月1日~9月12日まで(参加者13人)
第二ネパールツアー:2013年3月4日~3月15日まで(参加者11人)
第三ネパールツアー:2013年9月5日~9月11日まで(参加者9人)
フワス村にある学校をSALさんの生徒に訪問して頂きました!学生の背景に見えている校舎を壊して大学を建設する予定です。今資金を集めているところで、当会理事長より24万円の寄付を頂きました。フワス村にも大学できるのを楽しみです。。。♪♪♪♪♪♪♪


★★カトマンズからフワスまでヘリコプターでフワス村にに到着!!ヘリコプターを初めて村に着陸したことは住民たちが大感動でした。建設したTK学校の開校式にご参加頂いた日本人方々。理事長が正式に学校を開校しました。★★


♪♪♪♪...フワス村(首都のカトマンズから300km)へNOTE-Copy(ノートの寄付は8年前から毎年行っています)と苗木大募集中です。皆さん宜しくお願いします。♪♪♪♪...


★★★パスパティ寺の近くにある、ネパール政府が管理している老人ホームで生活を送っている全員235人にビタミン剤を配布しました。その時にツアー参加者の方々楽しく参加頂きました。このような活動は毎年行い、今年は8回目となります。同じく、毎年神崎身体障害者施設の維持費として現金を寄付しています。去年も施設長のプラナヤさんがNCSC Nepal(NGO)事務所前で寄付を受け取りました★★★



NCSC Japan 理事長はエベレストインターナショナル学校のアドバイザーとして今後も邁進していきます。なお、当会のメンバー五人も参加しています。(学校は東京の阿佐ヶ谷にあります)。そして、2013年12月19日に在校中の学生全員に当会よりノート・鉛筆&スポーツ用品を寄付しました。さらに、図書室に本購入のために現金も渡してきました。!!



★★★★★

and当会は毎年経済の良くない家庭の子供たちを中心に遠足プログラムも行っている。写真はカトマンズ市内にある小学校の子供たちの様子です。(バラズ公園カトマンズにて)


★★★★写真真ん中は、以前江の島観光するネパールの学校の子供たちの様子です。ネパールは海がない、日本で初めて海を見て子供が驚きました!!海の水がしょぱくてビックリ!!していました。本当に良い思い出になったのではないかと思われます。また、ネパールも海があればいろんな面で助かったが、ないのは残念だと!!!そのとき、大和市に三日間滞在&中学生と交流しました。日本の発展さに非常に興味深くでした。将来もネパールの子供たちが日本を訪問してもらえるチャンス来れば大変嬉しい(クシラギョウ)です。★★★★
☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽☽
In the future!!.........................................これからの活動
!!

❤❤来年3月から正式的に始まる、フワス村への救急車プログラムに理事長が25万円を寄付しました。さらに、TK学校の子供たちに教科書をプレゼントし、今年以内に学校へ届くように手配をしました。教科書の内訳は、日本語50%、英語25%、ネパール語15%とその他10%となります。子供たちが日本語でコミュニケーションできるのを楽しみです。写真は暫くお待ちください。当会は過去8年前からストリートチルドレンや孤児たちが収容された施設などに寄付金を行ってきています。これからもそういった子供たちの生活のために少しでも力になりたいと思っています。CHILD CENTER,NEPAL(バルケンドラ)施設の子供たちと触れ合いました!!その時は現金を寄付しました❤❤
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★<
(DREAM OF 神崎 理事長)♪♪♪♪...♪♪♪♪...♪♪♪♪...♪♪♪♪...★★★★.....★★★......★★★......☽☽☽....☽☽☽.....♪♪♪♪...
途上国のビジネスを展開し、得た利益はネパール国を中心に途上国に援助するのは私のDREAMです。今後も皆さん是非ご協力宜しくお願い致します。








エベ学校アドバイザー
NGO/NPO理事長
神崎 孝行


Copyright (C) NCSCJ All Rights Reserved Designed by Noriko Kato